🍒よくあるご質問について🍒(ベイザー脂肪吸引編)

こんにちは👩❤
本日は、皆様によくご質問いただく内容についてまとめていきたいと思います🌷
まずは《ベイザー脂肪吸引について》のQ&Aです✨
.
🍀ベイザー脂肪吸引の特徴は?🍀
⇒ベイザー脂肪吸引で用いる機器「ベイザーリポ」が持つ特殊な超音波は、脂肪を柔らかくし、他の組織(脂肪周辺の神経や血管など)と離してくれます。そのため、従来の脂肪吸引のように脂肪をガリガリと削り取る必要がなく、他の組織を傷つけません。これによって吸引時の出血量が減り、従来よりも多くの脂肪が吸引できるようになりました。
また、体の負担を抑えるので、痛みや内出血といったダウンタイムも短く済みます。
さらに、ベイザーリポは線維組織を壊さずに脂肪を除去できるので、術後の皮膚が綺麗に収縮するというメリットもあります。
通常の脂肪吸引はもちろん、痩せている方や硬い線維質の脂肪層(背中など)の吸引、一度吸引して硬くなった脂肪の再吸引といった「難易度が高い脂肪吸引」にも、ベイザーリポは有効です。
.
🍀ダウンタイムはどのくらいですか?🍀
⇒個人差はありますが、腫れと筋肉痛に似た痛みが術後1週間、むくみが術後2週間、拘縮(皮膚の凸凹やつっぱり感)が術後1ヶ月〜6ヶ月です。
当院ではダウンタイム最小限を目指し、様々な工夫をしております。患部の完成は術後6ヶ月ですが、多くの患者様が手術翌日からお仕事に復帰されています。
.
🍀なぜダウンタイムを短くできるんですか?🍀
⇒大まかにお伝えすると、痛みや腫れを少なくするための処置を行なっているからです。
たとえば、翌日縫合や麻酔液を2回絞り出す方法。これらを取り入れ、痛み・腫れの原因となる麻酔液をいち早く体外に放出させています。
また、手術ではベイザーリポの使用に加えて、特注品の極細カニューレを使用しています。こうして患者様の体の負担をなるべく少なくすることで、内出血や痛みを最小限に抑えます。
.
🍀翌日縫合と当日縫合で最終的な仕上がりは変わりますか?🍀
⇒当院の場合、当日の縫合でも術直後と帰宅直前、麻酔液の絞り出しを2回行っております。
当日縫合でも最終的な仕上がり・完成に影響することはありませんので、ご安心ください。
.
🍀1day脂肪吸引と普通の脂肪吸引の違いってなんですか?🍀
⇒1day脂肪吸引は、術後のダウンタイム(腫れや内出血、痛み等)を最小限にするための施術です。
術後のダウンタイムは吸引する脂肪の量に比例しますので、脂肪吸引の効果をしっかりと引き出すには、ベイザー脂肪吸引が適応となります。
脂肪吸引のお施術が初めての方は、1day脂肪吸引ではなくベイザー脂肪吸引が適応となります⭐
.
🍀コロナワクチンは前後どのくらい期間を空ける必要がありますか?🍀
⇒コロナワクチンにつきましては、接種後特に期間を空ける必要はございませんのでご安心下さいませ。
逆に、お手術後の接種もいつでも問題ございません。
脂肪吸引後、稀に2~3日発熱する場合がございますので、その際は解熱してから受けて頂ければと存じます。
.
お読みいただきありがとうございました💟
次回は、《大人気💕CRF豊胸について》のよくあるご質問をまとめていきたいと思います👩

Mods Clinic HP
https://www.mods-clinic.com/

タイトルとURLをコピーしました